鼻のお手入れ

きっと、多くの人が悩んでいるはずの、、鼻のお手入れ。
え?悩んでない?
悩んでいるでしょ?(って、プッシュする、っと)

黒くなってどうしようもないような鼻でも、俺入れしたら少しはよくなるはずですよ。
イチゴ鼻は一生治らないのかな?
遺伝だから仕方ないのかな?

そんな風に心配する方もいますがお手入れ次第で良くなるので安心してください。

内臓がしっかりと働いて体内の汚いものを速やかに捨てきっている状態だと
肌は何もしなくて良いですがもし、内臓がうまく機能せずに
血液がドロドロだったり、むくみ、便秘で、体内が汚れていたら。。。
老廃物を捨てていく、のがいいようんですな。
身体の中からもちゃんとするのだ。

泥で出来たようなイメージのクレイ石鹸などがいいようですよ。
私も試してみようと思っています。

例の鼻パックなどは絶対するな、ということですね。
分かってはいるけど、、、まだストックがあって、、

す、、、捨てられない、、、汗

いつか使うかも、なんて思ってしまって。
でも、絶対やってはいけないんですって!

アク

カレーを作っていて、アクを取っていましたが、はて?
どうしてアクって取るんだろう?
美味しくなったか、か、なんて分かるもの?
あくがあっても変わりない気もする。。。

まず、確認しておかなければいけないのが、そもそもアクとは何なのでしょうか? 
クックパッドの管理栄養士についてアクについて聞いてみました。

「お肉のアクは血液などが固まった物なので、
牛肉のような赤身の方がアクが出やすいです。
また、鍋のスープの温度が低いうちに入れるほうが、
熱々の沸騰したスープに肉を入れるよりもアクが出やすいです。」

これだけ聞くと、アクを取った方がおいしい料理になりそうな気がしますね。

鍋のアク取りに関して言えば、スープを楽しむならアクを取った方が断然おいしい!
でも、水炊きなどポン酢味などで食べるものなら、正直アクを取らなくてもわからない。
また、鍋のアクを取るならこまめに取らずに、まとめて取るべし!

の、ようですよーー。

アクは、面倒でもとったほうがいいみたい。

カレーでは変わらない気もするけどねー。

映画「朗読者」

映画を先にみてから原作を読んだのですが、「朗読者」、、、すごくいいですね。
ケイト・ウインスレット、すごく身体をはって演技してるし、原作の漢字そのままでちょかったと評価してます。

内容はほとんど同じですけど、原作を読んでないと分かりにくい部分があるのは
他の映画と同様ですかね。読んでよかったです。

15歳の少年は病んでいて、ある日、道で吐いてしまいました。
1人の女性が乱暴といってもいい態度で面倒を見てくれました。

建物の通路をぬけて暗い中庭に連れて行ってくれました。
水道の栓を開けて少年の顔を洗ってくれました。
水をくんだバケツを少年にも持たせて、道路の吐しゃ物を下水溝に流し込みます。
女性は、ふと、少年が泣いていることに気がつきました。
女性は、「坊や」と言って少年を抱きしめてくれました。
少年は女性の胸のふくらみと新鮮な汗の匂いを感じます。

少年は自分の腕をどこにまわしたらいいのかも知りませんでした。
家に帰った少年は母親に告げました。
母親は「元気になったらすぐお小遣いで花束を買って彼女のところへ行き、
自己紹介してお礼を言わなくてはいけない」と言いました。
少年は花束を買って女性のアパートを訪れます。
女性は20歳以上も年上でした。
少年は、はじめて、女の人を知りました。
少年は恋に落ちてしまいます。女性のアパートに通います。

こうやって書くとロマンス小説のようですが、実はもっともっと奥が深いのだ。。。
原作を読んでみてくださーーい。

朝早いのが辛い?

アナウンサーの小倉さんが、朝3時に起きるのがつらいって言ったそうです。
70歳なんですってねー、若い!
でも、仕事とはいえ朝早く起きるのが辛いらしいです。
病気もされたようですしね。

「昨年が一番ピンチだった」と吐露して、昨年5月に膀胱がんを患っていることを公表し、
その後は摘出手術をせずに、現在も「勉強しながら」点滴による遺伝子治療を続けています。

小倉は会見の最後に、「膀胱がんはすごい再発しやすいというので、安心できない。
一生病院かな。それに膀胱がんの原因は40%が喫煙だという。
オレもヘビースモーカーだった。皆さんもお気をつけて」と締めたよう(笑)。

それにしても、私は見てませんが(えーーーー!?)お元気そうだし、けっこう人気があるようで、番組も本人もね。

名司会者とか、長きにわたって番組をつづけた人とかおおいですけど、
小倉さんもそんなすごい人のひとりになるのでしょうね。

見てないけど(おい!)、素敵な人だと思っています。
朝の番組じゃなくてもっと昼間の番組にするとかね、、、
つらいことはなるべく早く降りて、元気なまま他で活躍もしてほしいですね。

頑張ってください、これしか言えないですーー。

鼻水

外を歩いていても鼻水が出ます。
ずーずーとすすっては歩くのですが、時々ぶしゅーーって出したくなるときもあるんですよ。
ティッシュがあればまよわずしますが、ない時はトイレのあるところまで我慢して
なんとか頑張ってトイレでトイレットペーパーを借りて(返さないけど)ぶしゅーーって出すようにしています。

あまりずるずるとすすってばかりではよくないんですって。
菌を身体のなかに入れてるようなものですもんね。

鼻水の悩みは長い間堪えませんが、それでも慣れるというよりは苦痛が深まるばかり。
一度鼻をとって水道で洗いたいくらいです、無駄でしょうけど。
綺麗にすっきりさせたいです。

鼻水で悩む人は多くて、人前で鼻をすすってばかりで目の前にいる人も、
もちろん本人も本当に嫌なものなのです。
でもどうしようもない。
なので誰かが鼻をすすっていても私は嫌な感じはせず、嫌な顔ももちろんせず、
可愛そうに・・・と思うのです。
辛いんですよー、それを気にしているとストレスですからね、まわりも気を遣うべきだと思うのです。

だって明日は我が身ですよ。
誰だって、明日は鼻炎になって苦しむようになっても不思議ではないのだ。
健康な人ってそういう苦痛は分からないのよね。


失恋

むかーし、失恋レストランっていう歌がヒットしました。
すごい昔です。
謳っていたのは清水健太郎って言うのですが、この人何回もドラッグで捕まっていまして、
今は・・・なにしてるのか。。

気になったので調べてみましたら、
現在、清水健太郎はライブ活動を行っているようすがわかってきました。

現在、清水健太郎のライブ活動はライブハウスからディナーショーなどあらゆる場所で行われ、
地方にも積極的に足を運んでいるようす。
現在の清水健太郎は歌手としての仕事が中心になっているようです。
歌手ですもんね。。

1983年、大麻取締法違反で逮捕された時『Gメン'82』で刑事役だった清水健太郎。
逮捕後の85年に最初の結婚をしています。
現在の清水健太郎と比較すると、デビュー当時はかなり痩せている印象が残ります。
画像乗っけたいくらい。

最初の結婚相手はアメリカ人だった清水健太郎。
息子が一人いてアメリカに在住しているらしい。
そうなんだー。

4回の逮捕歴、ってなってたり、7回ってなってたり、、、もうこれだけたくさんタイホされてるとどうでもいいですね。

ケーキ

ケーキを焼くとほんわか甘い匂いがしてきますよね。
先日、とある家の前を通ったらキッチンが併設してたのか、そんな匂いがしてきました。

私は甘いものが苦手なのですが、ほんわかと、しかも遠くからただよってきる匂いはなんともよかったです。
これが自分の家だと、しばらくは匂いで気持ち悪くなるときもあります。
ケーキが嫌いなどというとすごい変な顔でみられますけど、
いるんですよー、こうやって。

ケーキを食べないわけでもないんです、ケーキによります。
ここがワガママなんだろうけど、でも一般的に(?)苦手。

どんなケーキならいいのかって?
あまり甘くなく、クリーム系じゃなかったらいいのかな。
フルーツが乗っかったのなんていいですね。

ようするにクリームたっぷり、なのがダメ、甘いのがダメ、です。

うちでケーキを焼いていて、誰かが「いい匂いだな」って思ってくれるのは嬉しいです。
でも、家の中でもがき苦しんでいる人がいるってことですな。

ケーキが好きでよく焼く家族がいるって、、、苦しいのですよ。
ワガママですみません。。

チョコの効能

チョコレートは身体に悪いみたいなイメージあるかもですが、そんなことはなくてですね。
ひとときはダイエットにもいいと言われてましたよー。

そりゃたくさん毎日食べてたらよくないでしょうけど、カカオにはいい栄養分もたくさん含まれています。
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、小腸で吸収され、
血管の内部に入っていきます。

血管の内部に炎症が生じている場合には、その炎症により、血管が狭くなり、
赤血球が通り抜けにくくなっています。
そこに、カカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待できます。
これによって、赤血球が通りやすくなると考えられます。

実験したこともあったみたいで、その実験によると、
チョコレートで肥満になるとの結果は得られなかったと。
あくまでもその実験では、ですよ。

たくさん食べたら肥満になるし、でもチョコレートだけが悪いのではないですしね、
食事はバランスです。

そこそこに、もし嫌いでなかったら食べてみていいと思います。
わたしはチョコレートが大好きなのでダメって言われても食べますけどね(笑)。
もちろん
野菜も、他のものもバランスよく食べますー。

パワースポット

パワースポットという言葉は、最近は認知されていますねー。
なにも感じない人でもいいのか?


「パワースポット」という言葉は、ここ数年に登場したものですが、
特定の場所にエネルギーやパワーがあるという考え方は、
心霊主義(スピリチュアリズム)の考えの中では、かなり昔から存在していたんだそうです。

最初に「パワースポット」という言葉が登場したのは、
1990年代始めに超能力者を称する清田益章が"大地のエネルギーを取り入れる場所"として
「パワースポット」という言葉を使用しています。ね。

1990年代後半には、風水ブームの中で特別な"気"を得られる場所を
「パワースポット」と呼んでいます、、、けど、その気ってやつが感じられなくても、
行けばなにかいいことがあるのか?ですね。疑問は。

全国に、いや、世界にたっくさんあるパワースポットですけど、行ってもなにも感じないならば、
行ってもしょうがないのかなと、、、個人的には思っています。
自分は感じないタイプだし、行きたいとも思わない。

どうでしょう?皆さんは??

フランス人

ちょっとフランス人から嫌な目にあいました。
個人的なところもあろうかと思うけど、友人にちらっとこの話をしたら
「フランス人だから」
ってことで、気になったのです。
フランス人って、ちょっと嫌な感じなの?(笑)

フランス人はよくプライドの高い国民だと言われますが、フランスで暮らす日本人も、
フランス人はつくづく高慢で"面倒くさい奴ら"だと思うことがあるんだそうです。

好き嫌いがはっきりしているフランス人は、日本人にとっては当たりが強すぎる側面があって、
これが原因でフランスを嫌いになってしまう日本人旅行者も少なくないそうですよ。

結局はプライドか。

「フランス語は世界で一番美しい言語だ」と思っている人が多いからこそ、
外国人にもフランス語を話すことを要求するのではないかと思います。
パリに来た日本人旅行者が英語で道を尋ねると、
「フランスにいるのだからフランス語で話なさい」と英語で叱られたという話もあるほどです。
実際に、片言であってもフランス語を話すのと英語で話すのではフランス人の対応も180度変わるんだそうで。

結局はプライドじゃないか。。。

へへへ。。。